【ZX】デッキ紹介:ローリエインフェクト

9弾も発売したのでZXの記事をちょろっとだけ。どっちかというとネタデッキですので流し読みでどうぞ。
ローリエインフェクト
2 x スラッシュクロー ドゥーベ
2 x 奏流フロート
4 x レーザーサイス アヴィオール
4 x 汚染機械インフェクト
4 x 決闘機械デュエル
3 x オリジナルXIII Type.XI“Ze31Po”
1 x 鼓笛蒼者ルードヴィヒ
1 x お目付役エルダー
5 x 伝説の魔神 百騎兵
2 x たおやかなる薙刀 菖蒲
2 x 気高い女王ローリエ
4 x 実直な野太刀 花蘇芳
3 x 碧の狩人フィーユ
4 x 五頭領 天眼忍者ウェアジャガー
3 x 八大龍王 阿那婆達多
3 x 八大龍王 難陀
3 x フィーユはいつも元気だぞっ!
1 x 剣淵相馬

初めに
このデッキは組んだカテゴリとしては盤面を固めていく動きをするわけではないので変則的なビートダウンのつもりで組みました。ジャガーローリエインフェクトローリエのような動きで相手のPSが10500以下かつリソースが22前後の位置から4点以上を叩き込む動きを最終目標としてある程度中盤で点を取る形で補助していくイメージのデッキです。

デッキ自体は8弾の段階でできていましたがウェアジャガーの投入で最終的なワンショットに必要なローリエ、インフェクトを少ないマナでリソースから投げることが可能になったこと、リソリンや6フィーユの発動機会が増えてリソースを伸ばしながらの行動が非常に楽になったことで勝てる頻度は増えたと思います。


デッキの動き
序盤
先手最速(1~4t目) アヴィ元気 阿那婆達多難陀(5t目リソ12)
後手最速(1~4t目)アヴィorドゥーベ×2+エルダー起動 阿那婆達多難陀(5t目リソ10)

上の動きが軸になりつつ序盤はとにかく捲らせないようにしつつ自分の行動量を増やすことに集中することになります。
うまく使っていきたいのは最速のイレブン、青緑リソリン、相手が攻撃2パンでPSが落ちるような生き物の残し方をするといった感じです。

中盤(5t目以降)
自分のリソが10を超えてお互いが殲滅戦に入るあたりだと思います。ここで気を付けていきたいのはなるべく2パンで自分のPSを落とされるようにすることと盤面をしっかり壊すことです。特につなぎとしてのジャガーとは別にフィニッシュ用のジャガーを拾いながら動くことを意識することが大事です。なるべく捲らずに1tで2枚以上リソを増やすことを目標にしながら点数を自分が死なない程度に抑えたいです。この時点でそれが無理だと思った時点で点の取り合いに持ってくことにしてください。ある程度リソがたまった状態ならばただ単に2枚のインフェクトをリソの限り叩き付けるだけで2点以上もぎ取れちゃったりもします。この辺の見極めは気を付けてください。それと先手の場合はどうしてもハンドが薄くなっていってしまうのでフィーユでのフィーユ回収、リソ埋めしずにリソを伸ばすことなどはしっかり考えて動けるといいと思います。一番面倒くさいですね(

終盤
自分のリソが22前後になった時ですね。簡単ですローリエとインフェクトをリソの限り叩き付けましょう。
この時気を付けることは少ないですがしいて言えばVBを踏んだときのことだけは考えてください。ハンドにパーツがなくてもジャガーからハンド1枚で動けますがVBでジャガー飛ばされて負けたってことにはなりたくないですからね。特に何もなければローリエのバーンで2~3普通に殴ることで2~3点分の点数が取れるはずなのでLRLRくらいならば勝てると思います。



覚えておきたいこと
基本的にはローリエでのフィニッシュを目標としてますがリソースが伸びることによって移動での点も非常に取りやすいです。特にジャガーの使い方としてジャガーで相手のPS10500を割りつつフロートやルードヴィッヒを使って後ろに下がらせ点を取る、フロートをインフェクトでバウンスして点を取る、インフェクトAでインフェクトBを戻して点を取るといった方法も絡めていきたいです。

あとはIGするタイミングですが基本的には序盤での捲りで返さなきゃいけないとき、壁を置いて投げた生き物がいるとき、勝ちにいくときくらいです。


決めに行くときのウェアジャガーとリソブのためのウェアジャガーについて
ウェアジャガーはここまで書きながら多用している通り非常に汎用性のある動きができるカードです。
特にエンド時に帰る効果によってリソリンの再発動によるリソブ、単純な登場効果でのアド稼ぎといった繋ぎのカードとしても使える点は特に優秀ですね。ただしこの使い方をする場合エンド時にすべてのカードがリソに帰って行ってしまうためある程度の点数を受けるリスクが伴います。その時などは返しにIGいくつヒットしたら死ぬ可能性があるかなどを天秤にかけてここで切っていいかを考えてください。IGするタイミングとして一番多いのはもしかしたら繋ぎのためにジャガーを出すときかもしれませんね。


最後にこのデッキはフィニッシュ手段は比較的派手な部類だと思いますしワンショット力とそこまで行く速さも結構あると思います。(だいたい10t~15t前後で25近くまで伸びるイメージ)
そこまで捲れなくてもストレスのたまらないビートダウン的なデッキとしては面白い感じなんじゃないでしょうか。


質問とか感想あればここのコメントかついったーでお願いします。
綾瀬杯も出るみたいなのでもうちょっとちゃんとしたデッキ組みます(

ではではー
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

こっちゃー

Author:こっちゃー
紅茶って呼ばれてます。

こうちゃがこおちゃってつめてぃー

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
『桜ひとひら恋もよう』応援中です! 星降る夜のファルネーゼ応援中!
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleリンク集sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
『まほ×ろば』を応援しています! CRYSTALiA『絆きらめく恋いろは』応援中!