スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DM】デッキ紹介:黒単t赤ヘルボロフ

前回の記事で結構反応していただいたので今回はちゃんと黒単t赤のデッキ紹介することにします。

はじめに黒単に赤入れる利点と欠点から

利点
・ドルマークスとエンターテイナーが積める。
ドルマークスはウェルカムヘルで出せるフィニッシャー兼盤面と自分のマナゾーンを触りやすくなること。テイナーは対モルトNEXTにおいてジャクポ展開の妨げになるなど現状踏み倒しが比較的多い環境だと思うので黒単にはない利点だと考えています。

欠点
・多色が増えることによる6→7ラインでの事故
・マナロックで2枚縛られる
・赤単色を積んだ場合マナ武装の事故

赤を積むことで得られる利点はあまり大きくはないですが自分のマナゾーンに触れらることにより序盤のマナセットをある程度甘えられるのはかなり大きなことだと思っています。自分では試してみたいとの意味もあってt赤という形で回しています。


次にレシピと主要パーツの紹介
『黒単』
2 x 学校男
4 x 西部人形ザビ・バレル
4 x ボーンおどり・チャージャー
3 x 白骨の守護者ホネンビー
4 x 解体人形ジェニー
1 x 炸裂の影デス・サークル
4 x 龍覇 ニンジャリバン
4 x 極・龍覇 ヘルボロフ
1 x インフェルノ・サイン
4 x 魔狼月下城の咆哮
2 x 地獄門デス・ゲート
1 x デーモン・ハンド

3 x ウソと盗みのエンターテイナー
3 x 腐敗勇騎ドルマークス

2 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
2 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
2 x 極真王殿 ウェルカム・ヘル/極・魔壊王 デスゴロス
1 x 魂喰いの魔狼月下城/魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ

初動:ボーン踊り4(ザビバレル4)
ボーン踊りはデッキとして一番強い初動なのでとりあえずの4
追加のチャージャーを入れることは考えて試してたのですがやってて墓地が越えてない状態でヘルボロフ着地させた時に何もでずに追加で積んでみたチャージャーが落ちてそれが原因で負けた試合が思ったより多かったのでオカルトですが抜きました。
ザビバレルに関してはウィニーが一番重い相手であることとモルトNEXT相手ブロッカーの枚数はとても重要な要因になりえるのであまり削りたくありません。
ちなみにザビバレルが初動として機能する相手は速いデッキ+モルトNEXTのみです。相手がコントロールだったりビックマナだったりイメンだったりのときは出さない方がいいと思います。その辺は4コスからの動きでも間に合いますからね。

4コスライン:ジェニー4ホネンビー3エンターテイナー3
3コスが薄い分4コスが厚めなのは普通の黒単とさほど変わらないと思います。
ブロッカーが重要と書いておいてホネンビーが3枚なのは積極的に出したい相手がビートやウィニーといった相手なので軽い方を優先したいといった理由ですね。4枚目の枠があればホネンビーは増やしたい枠だと思います。

ドラグナー:ニンジャリバン4ヘルボロフ4
ここは書く理由ないですよね。

除去枠:学校2ドルマークス3月下城4デスゲ2デモハン1デスサークル1
学校はウィニーメタとアタックキャンセルするためのカード。マナロックが次の環境から出始めると盤面マナロック1体のみといった盤面が比較的多く見られたので学校男でかなり簡単に除去することはできます。
ドルマークスはフィニッシャー。互いの盤面と土地触りながらアタックキャンセル使いながら回すと相手のバトルゾーン手札マナを全部0にできるので気持ち良いです。
月下城4トリガーの2面触れる除去は重要と言うことで。
デスゲートは今は難しい問題だと思います。1枚で盤面をひっくり返す性能がある反面モルトNEXTのテキストでワンショットの場合は意味がないウィニーに踏んでもおいしくない、踏ませて意味のない場面があるといった場面も多々あります。
自分としては単純に4枚積むのはしたく無くてでもトリガー枚数をこれ以上削るのは怖いといった面から2枚といった枚数に落ち着きました。
デスサークルデーモンハンドは前者はウィニーに後者はモルトNEXTを止めれるカードとしてデスゲの枠だったのをずらして試してました。この枠は新弾でデスハンズがでるのでそれに移しちゃえばいいと思います。


ドラグハート枠
レッドル2ウェルカムヘル2グリーネ1ホワイティ1魂食い1までは確定でいいと思います。
残り1枠をミガワリ、レッドルの3枚目ホワイティの2枚目で争うことになると思いますが僕はホワイティの2枚目にしています。
ミガワリは盤面を残せること、LOの回避を利点としてますが個人的にそこまで重視することじゃないと思ってます。
自分で山札を削っていくデッキですが天門にザビ決められたら十中八九負けなのと普通にプレイする分には山札5枚前後のラインで完全に詰めてる状態のことが多いです。たしかにとりあえずニンジャリバンの時に困ることはありますがそれでもほかのカードにした方がいいと思っています。
レッドルの3枚目もこれはうまく使えばなんとかなる範囲だったからです。ドルマークスでアタックキャンセルを多用するので枚数あったほうが嬉しいのですが後述するホワイティ2枚目の利点には現状勝てないかなーって。
最後に今の枠であるホワイティ2枚目の利点としてまず相手のモルト覇エンドレスヘブンの展開された後でモルト覇もしくはエンドレスヘブンを止める機会が2度訪れること。デスゲートニンジャリバンで2体止めれる盤面を作りやすくなること。そしてウェルカムヘルの効果を起動するための的を作るためとしてホワイティを使いやすいこと。特に最後の1枚目のホワイティをある程度楽に使えるというのは使っていった中でレッドルの3枚目よりも使いやすいと感じる場面が多いです。


最後に積む候補に上がりながら抜けた方たち
ブラッティチャージャー
初動の5枚目として採用してたが墓地にクリーチャーじゃなくてこれが落ちる試合が何試合もあってキレて抜けた。
タイガニトロ
前回の記事にがんばって抜けた理由は書きました。黒単なら入ると思います。
ヘビィ
盤面処理はドルマークスで足りる。
リュウセイインザダーク
フィニッシュにドルマークスを採用した場合8コスに到達しない。
デスマーチ
ウィニーメタになってジャスキルしないといけない場面を+1にしてくれたりするのでかなり評価してますが枠の関係です。これを積むのなら学校の3枚目がほしいなーって思うので。
クロスファイア
赤を積むときの利点になる可能性があったカードですが多色と同時にしようするとマナの置き方が難しくなりすぎて回せなくて抜けました。
グレンモルト
ウェルカムヘル下でインチキみたいな動きしますが次元の枠が飽和しすぎちゃってるので。
モルトまで入れるデッキはまた別のデッキになりました。



最後に現状の立ち回りのきまったデッキだけ。
モルトNEXT
相手が6まで伸びるまではブースト>ブロッカー>ハンデスぐらいの意識で。
ハンデスは強いカード2枚持たれていることが多いので基本は出されたカードを丁寧に除去していって閣から捲れられないようにお祈りしかないです。はじめっからハンデスに行ってしまうとのちのブロッカー展開からニンジャリバン魂食いでのごまかしがきき辛くなるので。例外として火の粉持たれていた時はピーピングで抜きたいです。たとえ盤面展開されて閣置かれていても死ななければエンターテイナーでごまかせるのとヘルボロフからのドルマークスでマナラインを無理やりですけど落とせるので。

天門
ハンドの除去はできるだけキープでヘブンズミルザムエメラルーダから死ななければ何とでもなる相手でした。
ミルザムのみの展開の時は盤面をとりあえず焼いてしまえばスイッチからの即死はすくなくなります。トリガー踏んでも取り返しがつくように1枚ずつブレイクしていくのが鉄則でミルザムは使われた場合山札差がつきやすいのでLOにもいけます。埋められた盾の場合でも自ターン中のテイナー下では勝負を決めるとこには行けないので相手の盾とハンドの予想がちゃんとできていれば大丈夫でした。ドルマークスが動き始めると相手がエメラルーダを出せなくなるのでそこを目標とするのがいいと思います。

イメンブーゴ
除去をしっかり握りこむこと、このマッチアップでもピーピーング以外は基本的にゴミです。マジシャンも1枚になってるのでループの難易度はかなり上昇していると思います。マッカランからの即死だけに気を付けてメインでドルマークスがつける可能性のあるk図少ないマッチアップだと思います。

ウィニー
お祈り

マナロック系の何かしら
優先度は学校男>ブロッカー>ブースト>ハンデス
更地にマナロックが出てもさほど。マナセットに余裕があればマナロックが出てきても3マナ動かせるように動けるとかなり楽だと思います。

黒単
優先度はブースト>ハンデス
全力ブーストで上からのヘルボロフのお願いが基本。
現状の自分の形だと同系は不利だと思います。



思いだせる範囲の相手への立ち回りなので抜けてるとこあると思いますが許してください。


現状の黒単t赤に関して書けることはこの程度です。
何度も言いますが黒単に赤を入れる理由は10割と言っていいほどドルマークスとエンターテイナーから得られるものになっています。しかしマナロックの登場で色を足す選択自体がリスキーなものになるのは頭に入れておかないといけないと思ってますし今のこの形がデメリットを上回るほどの者なのかは怪しいです。
でも構築の一つの形としてt赤の形があるというのは考えていっても損はないことだと思います。

夏のCSシーズンに向けていろいろデッキ構築は試していきたいですね。

ではではー

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleリンク集sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中! ALcot『よめがみ』応援中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。