スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DM】ドラフトに対しての雑感

DMでドラフトができるよってことでやった感想と試したいこととか。

ドラフト環境の考察記事ではないです。
1.ドラフトをやった感想
人数は4人。公式のルールはうろ覚えだったので形式は1ボックス使っての2パック1セットで3回。合計30枚から5枚抜いての25枚構築でした。

元は30枚のままの予定でやろうとしてたんですけど全員が1色も減らせない状況でやるのもってことで5枚抜いて対戦することに。


あとから聞いた感じだと5枚抜いた状態だとしても唱えれないスペルが存在することもあるようでした。


遊んだ感想としては面白かったですね。6点で勝負が決まっちゃうゲームなので相手を受けきることは難しいかなーっとやる前は考えていたのですが各色のシールドセイバーサイクルがいい感じに仕事してました。


それに各色に存在する「相手の盾が2枚以下」の場合に効果が発動するサイクルが殴るゲームを推奨してることもあって革命の効果が通常環境に比べて使いやすいのがとてもよかったです。

通常環境で使いづらいカードに目を向けさせるものって考えでドラフトを設定したのであれば成功だったんではないかと思います。


またデッキ枚数が通常環境より少ないことに関しても少ないことで色枚数が少なくしかとれないことでの事故率は減っていたように感じます。体感で4枚くらい取れていれば1ゲーム中に1回は唱える機会があるかなーって感じでした。自分のやった25枚構築の場合で15戦程度やったんですがLOでの決まり手は存在せずデッキ枚数に関しては気になることはなかったですね。


逆に気になったこと。
まず卓内で色被りするとマナ武装系のカードが使いづらいこと。マナ武装3で使いづらいのが気になったのに加えてジュランネル君がただの紙束になってたのは非常に悲しかったです・・・

マナ武装のシステムで色を優先的に取っていくことを意識させたいうように感じているんですが、カード全体の枚数が少ないせいだと思うんですが予想されてる強さよりも弱くしかできてないんじゃないかなーって思います。


これもマナ武装系のが使えない弊害でもあると思うんですけどただの殴り合うだけとか止め切るだけのゲームになりやすいってとこですね。それぞれの色に推されている戦術があるように思うんですけどそれがやりづらいってとこです。



大まかに気になったのはこの2点。

で、この2つの点をどうするかってのは単純でドラフトのピックの時に触れるカードの枚数を増やせばいいんですよねってとこで次に行きます。

2.箱を2つ使ったドラフトの遊び方について考える。
とりあえず自分で考えた遊び方。ドラフトを利用した身内間でのミニ大会みたいなノリのイメージです。
・推奨人数は6人
・ピック枚数は40枚。ここから10枚のカードを抜いてデッキを組みそれを利用しての対戦。
・ピックの時は3パックをひとまとまりにしたのを2回、2パックをひとまとまりにしたのを1回の順で行うのがいいかと。
・箱を分けて1箱目のパックで3パックのまとまりと2パックのまとまりの作り2箱目で3パックのまとまりの1回を作る。
・2箱目のパックのまとまりからレジェンドレアが出たパックを引いた場合そのパックを避けて別のパックを剥く。
・デッキ製作後は対戦、3マッチやって順位付けするイメージです。

レジェンドの封入率が今後どうなるかわかんないので今回使用するパックは燃えろドギラゴン!!想定で考えてます。

推奨人数についてです。
はじめは4人でのドラフトを考えていたんですがその場合2箱を割り勘しようとすると2000を超える額になることに気づいてこれは遊ぶためと言っても少し敷居が高いんじゃないかといった話になり、人数を増やした方がってことになりました。
デッキ枚数が通常環境より少ないのはいいことの方が多いと感じていたのでデッキ枚数を公式通りの30枚、構築するときに抜ける枚数をあまり多くしすぎても面白く無さそうと言うことで10枚にしようって考えていたのでそれを理想としてボックスに入っているパックの数の考えると6人での8パック使ったドラフトが一番いい人数って考えてみました。

ボックスの定価が4860円とのことなので2箱を割り勘すると1620円ですね。買う場所によって値段が前後すると思いますが目安はこの程度になるでしょう。


次に少しややこしくなるんですがレジェンドを抜く行為に関して
これは色全体の強さのバランス調整の意味が大きいです。今回の弾からレジェンドレアが両方確定で箱に入っているといった前情報がドラフト前に提示されている状況でのドラフトになります。レアが強いのは当たり前ですが2ボックス使った場合赤のレアが確定で4枚紛れ込む形になります。このままでドラフトをしてしまうと不自然に赤が優遇される結果になってしまうんじゃないかって考えです。
これをどうするかは結構考えてみたんですがぱっとするのはなく、引いたプレイヤーの自己宣告でピック前に弾くのが一番手っ取り早いんではないかと考えました。これのせいで1箱目のパックなのか2箱目のパックなのかはわかるようにしておいた方がいいと思います。



最後にドラフトの競技性について。
これはせっかくドラフトをやるんなら少しでも真面目にやってもらいたいってのもあっての提案ですね。
2箱を使った場合の副次的なものなんですが一人につき8パックで6人でドラフトをした場合使わないパックが12パック余ることになります。またこのルールでやった場合抜いたレジェンド2種類も余るパックに確定で入ることになります。

じゃあ対戦で順位決めしたあとの商品にでも利用したらいいんじゃないかって形です。
レジェンドの引いたパックだけ開けるのも中途半端なので3マッチで順位をだして1位になった人から余ったパックを全部剥いて1枚選んでもらう順位どり形式で行くのが面白いと思います。

2ボックスの6人での割り勘の額が1500円前後なのは初めに書いて、商品もできるだけそれに釣り合うもの方がモチベーションに積んがるんじゃないかって考えもあって最低限レジェンドがもしかしたらSRからも選択できる残りパックからの順位どりって形がいいんじゃないかーって提案になります。




しばらくは公式もしくは公認の大会でドラフトが行われることも少ないだろうと考えているので身内間でやるドラフトの遊び方として公式推奨ではないドラフトの遊び方を考えてみましたがどうでしょうか。


いくつか残念だったのもあったものもドラフト自体はとても面白かったのでもっとシナジーとかのあるデッキをドラフトで組みたいって考えで2箱をつかったドラフトを考えてみましたがどうでしょうか。

身内間でパックドラフトをする機会があたったり箱を買うついでに知り合いとでファントムドラフトトをしたりと遊ぶ機会を作ることはそこまで難しくないと思います。
公式推奨のルールからでもそこから自分で考えてみたドラフトのルールでも1度くらいは触れてみると普段のDMとは違った面白さも見えてくるんじゃないかなーって思います。


次はドラフト環境の考察とかもしてみたいなーって

ではではー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleリンク集sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中! ALcot『よめがみ』応援中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。