スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【しゃどーばーす】ビショップのこといろいろ

ビショップ使ってるのにまともな記事が見つけられなくて寂しいので現状の考えのまとめです。気分が乗ったままなら次にネクロミッドに関しても書くと思います。

デッキ調整して気づいたらA0だったんでその程度の実力のやつが書いてるよ程度でお願いします。
とりあえずビショップの強みになりそうなのから
・消失除去
・たしか全部のプレイヤーの中で守護の量が一番多そう
・鳥2種類とアルミラージが疾走持ち
・全除去がある
・ターンまたいでの展開が可能≒それなりの大きさの生物を同時展開が可能
・XドローXゲインの存在

逆に弱みになるとこ
・初期の展開が遅くなりやすい
・後半の展開にアミュレットのカウントを考えるのが難しい
・パンチ力がない(一部のドラゴンを除いて頭3~4が多い)
・アミュレットが腐りやすい


特に弱みの面で序盤の展開の遅さと一度捌かれた後の再展開の難しさは使っててつらかったです。

この中で現状確認してるデッキタイプは主に分けて二つです。
一つは疾走がそれなりにいることを利用してある程度前のめりに殴りに行く形。たぶん速度的にはミッドレンジに該当すると思います。ちなみに僕がA0踏んだのもこっちです。
二つ目は守護、ラス、ドローとかで完全にコントロールに特化する形ですかね。コントロールはニュートラルにサタン様ってお手軽フィニッシャーがいるのが素晴らしいと思います。

いくら前のめりに行くといっても2コス生物のサイズがアミュレット以外で期待しづらい以上どうしても生物に生物をぶつけての処理は3t目以降になりやすいです。そのため先手後手問わず追いかける展開になりやすいのがビショップ最大の特徴なんですかね。
またアルミラージの盤面制圧力は進化を使い切った後が非常に高いので、ミッドレンジでも進化を使わせてアルミラージで拘束するゲーム展開は多くあると思います。自分の進化を使い切ってでも相手の進化を使い切らせるだけで勝ちやすさはすごく変わります。また、そういったゲーム展開のできない相手だと個人的には苦手ですね。

以下デッキタイプとしての説明
・ミッドレンジ型
さっき書いたように追いかける展開にはなりやすいです。なので序盤点数うけてでも2コス、3コスアミュレットの待機が開けるタイミングに重ねて守護を置くもしくは4/3/4の進化サイクルを投げるなどで盤面を一時的に取り、ビートダウンを仕掛ける形になります。当然2t目3t目に出てくる生物には基本的に触れないので自分が先手で4点前後、後手の場合は6~10点程度食らうことも多いです。中盤以降だいたい初手は返されるので守護の突破に生物をつり出しつつ全除去でアドバンテージを取る展開が多いです。捌かれるのが遅れたりした場合は3/3/4の鳥や6/3/5のアルミラージで無理やり残りの点数を取るゲームになり、そうでない場合は進化を使わさたあとにアルミラージで盤面を縛る展開になりやすいです。

個人的にはレリア型も中盤で守護の展開から尻のでかい守護が打点を持つもるようになるので変則的なミッドレンジにあててもいいんじゃないかと考えてます。

・コントロール型
僕の触った形はほとんど完全に除去コントロールです。守護の突破強要→ラスの流れを主軸にしつつカウント調整と手からの展開で断続的に守護を置けるようにプレイできると強く感じました。ダークオファリングは基本的に尻の大きさが4か5くらいの生物をあらかじめカウントで展開しておくと打ちやすいというかそうじゃないと基本的に打てなかったです。




基本的にビショップをつかうばあいカウントによる展開の制約がかかります。とくにカウントが1になったときに展開されると全除去を打った時に有利な交換ができないことが多いです。もちろんビショップ側にカウントをずらすカードは多いですけど所詮1tか2t序盤中盤はともかくとして盤面の移り変わりが激しくなってくると手札に高カウントのカードがかさばる、カウントあけるに1tが足りなくて負けるゲーム展開が多いです。

じゃあアミュレットを使わない構築はどうなんだってなるんですけど、頭が大きいカードが極端に少なく感じるんですよね。半面で尻の大きいカードは多いのでその場合は必然的にレリアになっていくと思います。


じゃあ今の環境的にどうなのかって話です。
全部は当たり辛いのもあるので全部ではなく、有利不利も個人的な見解なので参考程度で

エルフ 不利 冥府への回答が基本的に存在しない。カウントの生物が総じて重いのでバウンスが重くのしかかてきます。

ネクロ 基本的に有利ただしモルディカイへの対処手段が限られてはいるため処理ミスったり除去が打てないうちにケル子複数枚に詰め切ら得ることも多々あるため一概には言えず

ロイヤル 基本有利 相手に先攻取られ、序盤の点数を抑えられないと上から疾走でよく負けるがリソースを稼ぐ手段が少ないデッキなのでラスが重くのしかかりやすいです。あとアルミラージでもしばりやすい。

ドラゴン 基本不利 自ターン中のサイズに問題があり処理できない生物が大量に降ってくることがあるので。ただしこれもリソース稼ぐ手段が少ない以上ラスでの処理がしっかりできれば勝てるので相手の疾走の枚数次第で微有利くらいにはもっていけるかと。

ビショップ 不明 相手の展開がわかりやすいのでラスは打ちやすい、コントロールミラーは不毛になりやすくミッドレンジミラーはラス引いたもん勝ちくらいのイメージでミッドレンジとコントロールぶつかるとコントロールが有利だと思います。試行回数足らず

ヴァンパイア 不利 相手に本体火力貯めこまれて18点分くらいバーンダメで毎回削られてる気がします。こちらの展開に対して全除去、アミュレットの展開に対して本体火力って打ってくるイメージです。自傷ダメも多い分鳥とかで削りきりに行くプランもあり得ますが相手がうまい人だと成立しないと思うのでだいたい負けてます。


この中でミッドレンジでやりやすいと思ってるのがエルフとヴァンパイア、ネクロ相手はどちらもそんなに変わらないと思いますがそれ以外はコントロール使ってた方がやりやすそうです。

最後に今使ってるビショのレシピだけ貼って書きなぐるのやめようと思います。
コントロールビショップ

ミッドレンジビショップ

レリア型も趣味であるけど詰め切れてないので省きます。
ビショの500勝称号がアルミラージちゃんだったので、できれば取りに行きたいなーって思いつつうまい人のビショの記事が読みたいのでまとめてほしいです。
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

こっちゃー

Author:こっちゃー
紅茶って呼ばれてます。

こうちゃがこおちゃってつめてぃー

sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
『桜ひとひら恋もよう』応援中です! 星降る夜のファルネーゼ応援中!
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleリンク集sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
『まほ×ろば』を応援しています! CRYSTALiA『絆きらめく恋いろは』応援中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。