スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DM】DMCUCのすゝめ

1.概要
普段の通話メンツで特殊ルールで遊ぼうってなったためDMpauper(コモン限定構築戦)を遊ぶことに
その流れでmtgの同ルールでの環境を話したらもう少し派手な方がいいよねってなり,アンコモンの一部のカードを解禁するなら全部解禁してデッキ組んでみようって流れになったのが最初.

既存の殿堂ルールの場合,全体のカードパワーの低下も相まって使えたほうがおもしろくなりそうだが制限になるカード(インフェルノ・サイン,キリュー・ジルヴェス,フェアリー・ギフト等)があったため一度殿堂ルールを全部取っ払うことに.
その後数戦したところハヤブサマルだけはどの構築でも4枚入る可能性があるため構築の多様性を損なっていたこと,トリガーメタのない環境であるためコントロール優位になりやすかったこと,僕含めて一緒に遊んでた人がハヤブサ4枚居たころの環境知ってたため遊ぶのにストレスためたくないよねってことで禁止として遊ぶことにしました.

今回の記事では触ってみての感想紹介,使ってて強かったカードなどの紹介を中心にまとめようかと思います.

サンプルになるデッキレシピに関してはデネブログさんが掲載しているので気になる人は見てください.
2.プレイしてみての感想
一番感じた感想はコントロールの仕方,殴られ方を見た感じは7年ほど前のDMやってる感じでした.カードパワーはもちろん上がっていてビートは侵略してくるわギフトカモン(出すのはサコンピッピー×2)してくるなどトリガーなかったらぽっくり行く感じの環境って感じでした.ビートのキルターンは何にもなくて4~5,オニカマス,シャック,シド,早打ちあたりのメタカードが存在するため直接トリガーに干渉するカードは少ない(サクラダファミリアとシシマイ程度)なためトリガー止まって死ぬってことは少なかったです.
デッキの種類としてはウィニーにあたる部類でほぼ当時のレシピを再現できるところにオニカマスを加えた青黒墓地進化とガトリング有する赤系の侵略+ビートジョッキーみたいな構成のデッキ.ミッドレンジ気味な形でボードコントロールもできるウェーブストライカー,ギフト有する赤緑系のビートダウンがいるよって印象.

コントロール側は次元主体のボードコントロールと旧環境のハンデスにブレインタッチ等の現代兵器追加したようなハンドコントロールの2種類が主に組まれていました.
ボードコントロールでは青黒赤系の除去をメインにした構成や全盛期白黒緑コントロールのようなクリーチャーコントロール,環境が遅くなれば強かったキリューでボード返してゲルネウスでコントロールする系の5cコントロールと意外と種類は豊富.ハンデスは既存の物とほとんど変わらずブレインタッチあってシャチホコ使えてベララーしたりゴキーンしたりもできます.
総じてコントロールのフィニッシュは次元(特にシャチホコ)が人気だがオニカマスを処理するカードが非常に少ない関係で泥仕合になりやすい印象.それ以外だと殴らないフィニッシュ手段としてヘルスラッシュとかでした.伝統のコントロールしながら過剰打点並べて殴りきるような感じです.

コンボデッキに関しては良い感じの構築出てきてないので誰か組んでくれてもいいのよ(他力本懐


コントロールのフィニッシュを見る感じ7年前くらいのDMを思い浮かべるなーって印象が強いもののビgート側は侵略と今回のBADとJOEの後押しを受けて現代兵器の恩恵が強く,コントロール側は通常環境のような序盤での即死がなくなったことで昔のゆったりとした環境に活躍していたカードに目が当たりフィニッシャー不足からコントロール同型に頭を悩ませることが多かったです.

現状のプールの特徴としてはビート側の展開が強くなりやすくコントロールはトリガー多く成り気味,呪文メタは一定数あるためクリーチャーによる除去がコントロールのメイン,明確に打点のあるフィニッシャーが少なく過剰打点を並べて殴ることが多い,トリガーを止めるカードは少ない,スパーク系のカードおよび全体除去が少ない,そもそも単体確定除去が少ない,といったあたりです.

3.カード紹介
続けて使ってて強かったカードの紹介です.新弾のカードはとりあえず省きます.


メメント守神宮
現状最強の防御札.主にコントロール系のデッキで採用されシノビも併せてかなり固い盤面を形成します.もちろんターンはじめのタップ効果も強くビート側はこのカードを超える方法を最低限考える必要がある印象.ハンデスのこれはクリーチャーが並ぶことがそこまで多くなくSAで超えることができるもののクリーチャーコントロールにおけるこのカードはすごく超えづらそうでした.

ミストリエス
ハッスルキャッスルやロードリエスは使えないがこのカードは使えるためジェスターソードのようなデッキや根暗でのメインエンジンになります.昔と同様に長生きはしません.

ウルファス
効果を覚えてない人も多そうなので一応書くと11マナ11000ブロッカー進化のソウルシフト持ち2打点のエンド時アンタップです.
コントロールのフィニッシャー候補のカードで単純にサイズが大きく処理されづらいのがポイントです.メメント使ってお手軽ソウルシフトできることもあってネクラコントロールのフィニッシャーに使ってました(そこそこ強かった

ファルピエロ
現代でもおなじみのシャチホコと合わせてお手軽フィニッシュカードです.回す呪文はボードコントロール系の呪文は過去の遺物にあたるヘルスラッシュとかですね.シャチホコと合わせてコントロールのフィニッシャーを担うカードでした.



オニカマス
ビートではアンタッチャブルのアタッカー,コントロールでは次元カードでのフィニッシュの牽制や侵略への対抗策と環境を作る中心になるカードでした.明らかにカードパワーの高いシャチホコがこのカードの存在と触りづらさから一強になりづらいプールを作ってる印象でした.

ヤサカノフカ
オニカマスに引っかからないコントロールのフィニッシャーです.トリガーは多いものの確定除去は少なくメインになるのがビートへのメタカードになることが多かったためブレイクボーナスは通ることも多く,コントロールミラーでは1度通った時のリターンが大きいのもあって採用されてる印象です.


ヘルスラッシュ
復活したコントロールのフィニッシャー.ビートに打てた場合に解決策を3枚抜き取る姿は昔使っていたころを思い出して懐かしかったです.総じて打てるところまで行くのが難しい以外はコントロールで許された最も強いフィニッシュだと思います.

ガンヴィートブラスター
貴重な確定除去に加えてハンド干渉も行えるカード.ロストソウルもプールにある(2弾で収録されたときがアンコモンだったため)ものの確定除去の少なさからこっちの方が採用されやすそうでした.

ゲロナイス半蔵
クリーチャーでのボード干渉手段.一応ハンデスされたときに出てくる効果を持っているためちょっとだけシャチに強かったりします.
まともに打点の出せる除去効果を持ったクリーチャーはこいつ,デスメンドーサ,カオスワームが採用されてるカードでした.


ナグナグチュリス
軽量クリーチャー除去.シャチで出せること,ベルリンを焼けることなど良いことは多いのは+要素.

湯あたり温泉地獄
最軽量オニカマス除去カード.複数面に触るカードも貴重なためコントロールが赤とるならってカードだと思います.

ライドン
赤侵略の打点形成カード.横吸い込んで起き上がると一応3キルも目指せるぞ()3コス以上の赤を含むSA自体は数体いるためよく採用されてました.

ストームジャベリンワイバーン
オニカマス,シャチホコ,ミストリエスあたりの展開を縛れるカードって考えると行動範囲は意外と広いと思っています.
そんなに多い枚数採用するカードではないですがボードコントロール系のデッキでは面白そうなカードでした.


フェアリーギフト
出して強かったカードが軒並みレア以上を含んでいたため現状目立った活躍はしてない印象.それでもカモンからのサコン2枚展開や古のギフトイダのような展開はしてくるため間違いなく強いカード.

爆裂筋肉養成所
横の打点が伸びるカード.赤の除去がパワー依存のカードが多いこと,メメントを剥がせることもあり採用されることがある.
僕はこれ貼られて返せなくて死んだことが何回かあって泣いてる.

多色
ベルリン
ハンデスメタのブロッカー.ビートにも仕事するためハンドコントロールの鬼門はこいつとオニカマスをどう超えるかに焦点があてられる印象.

雷撃と火炎の城塞,ボルメテウスホワイトフレア
トリガーとして面を止める量が優秀.現状コントロールの受けトリガーの鉄板てきな立ち位置になってる.

キリュージルヴェス
5色のお友達になったキリュージルヴェスさん.おなじみのカウンター見て懐かしくなった.

グレンジュウ
5cコントロールのフィニッシュ枠.ミラクル,キリューなどで次元増やせるのが強く横並び+キリューで過剰打点を作るのが基本になってた.

ミスターアクア
次元を除去できてビートにも使えるカード.これも入ってるってイメージが本当に次元全盛期のドロマー思い出す人もいる気がします.

次元枠
シャチホコカイザー
次元最強のフィニッシュ枠.盤面形成とフィニッシュを同時にやってくれるカードのため通すと負けにもなりやすい.しかしオニカマスの存在と現状の除去多めの環境も相まってこれを通すところまで行けたらコントロールしきったなーって印象です.

ガガパックン+タイタン
ひっくり返ると素のサイズのおきさもあり立派なフィニッシャーになります.マナ伸ばすデッキや根暗のようなコントロールデッキに採用されてる印象.



書いてみるとやはり強いカードは基本的に通常環境でも強かったカードなので紹介する意味薄かったかも?
というか僕が書いてて懐かしさでダメージを受ける感じでした(


通常環境やってて行き詰った時の息抜きとしては昔の強いカードを使えることもあって楽しかったのでぜひやってみてください.
デッキ組む場合はDMvaultの検索機能でレアリティにフィルターつけて構築すると良いと思います.



スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

こっちゃー

Author:こっちゃー
紅茶って呼ばれてます。

こうちゃがこおちゃってつめてぃー

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
『桜ひとひら恋もよう』応援中です! 星降る夜のファルネーゼ応援中!
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleリンク集sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
『まほ×ろば』を応援しています! CRYSTALiA『絆きらめく恋いろは』応援中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。